SENKINDOの事業内容と成長性

2406311057-site-592459_1920-NxED-1280x853-MM-100

SENKINDOは分かりやすい価格で購入できる住宅事業です。元々は工務店の集まりから始まった会社です。最近はお客様も安く建てられる家を探すことが多く、工務店の間で価格競争が起きていました。しかし、価格を下げようとすると材料の品質が低下してしまいます。すると住む方にとっても住みにくく納得のいかない家となってしまいます。そのようなことにならないよう工務店の価格競争をなくし、技術向上や業務フォローをお互いに研究した結果、設立されたのが「SENKINDO」です。

まず、SENKINDOには様々な住宅タイプがありますが、その中でも価格が分かりやすいのが「1000万円均一シリーズ」です。こちらは本体費用が1000万円となっており、その設備はすぐにでも入居できるフル装備となっています。通常、家を購入するとなるとカーテンや照明はついていない場合が多くありますが、このプランの場合はカーテンや照明、玄関収納などがすでに揃っています。そのため忙しくてなかなか必要なものを添えられないという方でも安心して購入することができます。また、「改正省エネ基準」にも適合した高断熱住宅なので、冬は暖かく、夏は涼しく快適に過ごしやすくなっています。そして最近は家の防犯にも費用をかける方が多くいますが、こちらのホームメーカーには高性能の防犯設備もあります。防犯ガラスや格子、警報などを標準設備としているので、安心して暮らすことができます。また、外から中が見えず近所の目を気にしなくていい「A1000 2015MODEL」もあります。そして1000万円シリーズをベースに、お客様の要望に応えることのできる「フリーシリーズ」などもあります。

そんなSENKINDOの成長性はというと、今後の高い成長が見込めます。前述した通り、このホームメーカーは材質にこだわり、無理なコスト削減をしません。そのため高品質・高設備の家が期待できる上、住みやすいので長く快適に住み続けることができます。また、職人さんも講習会・勉強会を重ねており、常に技術向上を目指しているので安心して家づくりを基礎から任せることができます。

このようにSENKINDOは安心・安全の住宅メーカーです。元々が工務店なので、技術も確かで、お客様の要望に応じて様々なアレンジを加えることができます。ただ安いだけでなく、安心して長く暮らせる家を購入したいという方にはおすすめです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする