ウィザースホームの事業内容と成長性

3546528895-building-plan-354233_1920-Qrl-1280x853-MM-100

ウィザースホームは住みやすい家づくりを目指した住宅メーカーです。実は北関東で長年住宅建築に関わっている新昭和の事業の一つで、主に注文住宅を行う「ウィザースホーム」、戸建て分譲ブランドの「ウィザースガーデン」、リフォームの「ウィザースリフォーム」、土地や宅地を専門に行う不動産事業から成っています。

そんなウィザースホームのコンセプトは「WITH EARTH」、「地球と共に」です。これは「地球の資源を大切にしながら、周りの環境に溶け込んで快適な暮らしを提供する」という意味合いがあります。そんなホームメーカーの住宅性能はというと、新昭和ブランドのノウハウを活かしているので高性能と言えます。そんな住宅性能についてご紹介します。

まずは基本性能が高く、揺れや火災などに強い家となっています。断熱性については魔法瓶のような家を目指し、ツーバイシックス工法を用いて冬は暖かく、夏は涼しく快適に過ごせるように工夫されています。そしてこの断熱性については業界トップレベルの数値化を実現し、2020年に義務付けられている省エネ基準適合数値もすでにクリアしています。また、耐震性についても従来のツーバイフォー工法に比べ、曲げ強度が2.5倍、圧縮強度は1.6倍にもなり、建築基準法で定められた耐震性の1.5倍です。また、力を分散しやすい「モノコック構造」なので、優れた耐震性があると言えます。また、地盤改良工事もしっかりとしているため、強固な建物を長期間支えることができます。そして万が一の火災も最小限に抑えられるよう耐火性も高く、湿気を防ぐことで耐久性の高い家となっています。

また、ウィザースホームは実用性に優れているだけではなく、デザイン性の高い快適な家を作ることができます。重厚感と高級感のある「プレステージリアード」、モダンデザインを取り入れた「リモージュ」、自然素材の質感を活かした「ラ・ヴィアンシュ」、省エネ設備を備えた「ソライエ・ゼロ」があります。どれも自由設計で住人の住みやすさを考慮して作ることができます。
このように機能性とデザイン性の高い建築を建てられることから、ウィザースホームは成長性の高いメーカーと言えます。様々な需要に応じて、タイプ別の建築をすることができるので、柔軟性が高く、お客様の要望に応えることができます

。また、新昭和自体もクレバリーホームなどフランチャイズ展開のメーカーを作ることで成長しているので、今後の成長が見込めるメーカーです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする